2014年03月27日

琵琶語

琵琶ちくちくをちくちく琵琶など。
一曲琵琶語を言い出したことがどれくらい相思気持ちを込めて、多少/心を诉えられ愁、また多少思い忧だったのだろうか。独留ため息よ!
甘いメロディーに合わせて、えん曲なメロディーのようには、彼ら一古くての話だ。午前中には音楽の中で。
琵琶は私达の东洋文化の伝統弦楽、明るかった音色と豊かな表现力」と呼ばれた「金石の声」だ。

推荐文章:変化の年
daiqianwen
天国のひとかけら
限界を約束
ouyuxlosi
琵琶早ければ、その後は宮中の楽器に伝わる民間、世間の演奏も伴奏次第に进化ということになっている独奏だった。
「琵琶语』は、琴の音をの前奏曲に、三か月ほど音符なやんわりと反復をためらって夜空の雰囲気を刷新し、人を連れてきた一種の中国人のであって、はは入り込もうのファンに追い込んだ。
琵琶音色丸みを帯び、軽快に明るくなった。腰をうかしかけたが、急速に渦巻き深まっている;なだらかなの中には、北の珠落玉盘を失った。
曲が急で、曲を缓和するときに高山が花前月下だった。
は、泣ける泣ける上手くの声の下で、その琵琶丝丝入扣の囁きたびたび「泣ける泣けるささやくましますいう」だった。
そんな淡く忧え悲しみ溢れる物で、人々の感情があって、人が音楽の境地溺れる雰囲気の中、一つ増えた部分はやさしいと悲しい。
曲が最も華やかだったのは、中間源実朝kirito)のあつい谣う。「ええ……あ……」
通り天籟之音には歌词、スープをしようとしたことを現かりきを発揮できるようなコリアン・パワーを生みます無限なのか、気になる。
曲终前、再び繰り返されているから始まった源実朝になじみのメロディ、余韻をいつまでもいつまでも行かない。
軽い琵琶曲诉えられた知られていない場合の没落、気が短い琵琶語低徊细长く、思いきりどうせ世の爱情は感伤的には完璧なのか、気になる嗟叹!
屋外でも復鳥投リンの黄昏もそうであり、静谧な夜12時、静かに拝聴琵琶弁舌の耳元でいったのだが、実は、を脱ぎ捨てる働いたはずだ。
私はよくこの曲を聴いていると、この音楽の中に沈み缅を忘れてしまって、なんと。ほんの隔世の良い。
僕はふと、まるで時空を超えての隧道が訪れた千年前。
一曲琵琶语、几多(物寂しさ。
曲终だったにもかかわらず、残ひとり散ら後も、胸が痛んだ。
一曲琵琶語演沢て出てきたのは昔話をそそるはるか彼方の記憶が、そんなに将来続けてきたのは、昨日、こまめは心尖コクソン)かにその悠远の敍情もされ、昨日の夢だったのだ。
淡く微かな心配事と懐かしさであろうと、みんなと化すひっそりと温かな表現を润して。
心配欲说还休さまだけが、近所落花知……
  


Posted by 草莓蛋糕 at 15:54恋爱瞬間

2014年03月19日

私はあなたのスペアーだった

2年間、去っていっセンス、月日の経つのは速いものだ………まだ足りない
今まで私は依然として足りない速いご記憶させて爱と恨みの人は、今になって、どんなましたか?は以前のように马鹿ですか?さは没心没肺ましたか?は明るくなったのかな?时々でも悲しい目をしていただろうか。はい、唯一に確定されたことは、自分以外に設置された無人気に無人注目を集めている。はい、私があって、最も厚い壁で作られ、誰のためにもそのにくい塀を見て私の心が強化され、ドラフトで誰にも知られては心の中のすべてです。以前の私、私はもう未練も、今の私、と思うが、足りない强いよ。時間をむだ使いのように、私は知らない人の旅に残す可能性については、「各種の足跡に深くは浅い、私は今では1段の新たな感情に入って、しかし、私は瞬間、怖い、怖いいっぱいのものですから、彼は僕に不真、恐れられて私は再びひとりの不可能な人ですから、我々の未来真神…彼は、今はそれだけを恐れないといって、実は、私があなたを爱しましたが、もう分かれよ!だって、长い痛みより短い痛みは、现在、私は信じて、私もできるほどない痛いの外へとび出してこれまでバーチャルな恋爱…

恐らくただ彼は自分を欺いて、さらに私をだます、好きな彼は、彼が、こんなんじゃなくて、更に苦痛だったのだろうか。そうだとしても、私も聞けなく彼は、一体本当爱は私を爱しない、だって…
怖いと言ったじゃないか私は信じない彼は、ほほほ、とても愁人だよな…
私はただ不安感に過ぎず、间违いじゃないか…
私はまだ覚えている話の时、私は何かに料理をするので、料理をすることは渡した、彼は承诺したんですけど、今、あたしには、必ずは私は料理は私小肚鸡肠か、それとも事実…これは彼の初の算话の话しないだろうか。私は、私なりたくない家庭の主婦だった。私の仕事、私はお金を稼いで、旅行をしなければならないと思ってあまりいろんな有意义なことをしているのも、あなたが同意しない、仆も行っていて、何もできない私をとめて…
私はあなたを爱し、超ボボ…
できなければ、最後までをくれ、まだ君を爱してたとき、すぐにあなたを离れて、いいよね…
さよならわたしの冬喜怒哀楽先生、こんにちは!田舎の大晦日夜この梦(ゆめ)さらに遠くなる」としああ、ママさん、君はまだ私!音楽を闻いて時間を続け、记忆がひびいたサイモン·スネーク島いかにせよ可待  


Posted by 草莓蛋糕 at 12:37恋爱瞬間