2013年11月23日

夜、私の心の悲しみ


今夜、真昼の月のように、冷たいが窓に。部屋に座って、静かにそれを眺めていると、想い静寂無声、無言で。私は依然としてこの静けさの中を君とかつての唯美。心の奥で静かに探しているあなたについて少し、秋の午後の初対面、甘い暖かい家中小叙や、暖かくて初めて抱き合った夜。すべてのすべてテヘランで私の思い出の色を塗り。ただ今、こんな夜に、少し寒くて、私は知らないので想いの憂いと悲しみ。それともあなただけを殘して思い出のためか?きり空閣、考えの夜空の果てに歩いて。ひとみを凝らすを眺めて、あなたの方向に向かって、記憶の秋に捜し君のすべて印。唯美のかつての出会いを記したあの秋には思い出に情熱を.習慣とあなたのかつて。温かい思い出を静かな秋の夜にむせび泣いて、あなたの憂いと悲しみをこの季節情愁、この夜にちょい痛み、物寂しくて、美しい。秋が過ぎ、あなたのさよならは私は永久の想い。
かつて、私はすでに覚えていない、あなたが行った、私は静かにどれほどのこんな夜に。それらについて思ってとあなたの物語で、あなたとの愛と愛、あなたとのたいと念。考えた、私はどのみち文字で記録とあなたの少し。生命の中で、かつてじゃ君、そんなに情、そんなに一段の記憶。あなたの抱擁を、1つの挨拶、スマイル……私の心の中、脳裏の中で、すべてはあなたの影。今、あなたが知っている、あなたがなくて、あなたにすべて記憶とは私の最も貴重な「幸せ」。私の慎重な秘蔵していると、保存心でその花びらの最も柔軟で、一番の暖かさが位置。あなたがそこにしかないから来た、そして、私は二度と彼女に近づいた人。あなたはあの靑、ロック、執着の愛。
おそらくいくつかのことは忘れがち、ある人は忘れてしまう。たとえかつての出会いがどんなに美しくて、風もいつかは消え去る日。しかし何はともあれ、欲しくないあのかつての情のあなたからの終瞭を去って。これはただ自分のかつてのあの一诺だけに会うための後、ずっと君の執着愛。
夜、やはりそんなに静は、たばこを吸って、窓をあけて夜は毎回の人物写真。瀋黙は、瀋黙の瀋黙は、この時の唯一の言語は、この時の唯一の気持ち。私は笑い、深夜に黙々としての思い出は、黙って笑って、ただこのすべてあなたは見えない…。.たまに私の目にはしっとり、く寂しい涙で、心の情愁に涙が頬を濡らしても、痛かった目、そっと拭いながら、迎えに一滴一滴。その瞬間、すべての想いを、すべての悲しみ、涙とともに、私の胸のうちを思う存分踏みにじる。1本のたばこを点火し、徐々に燃え尽きた煙を見て、思わず感慨これ、にぎやかに散って帰って、寂しさ、無力、悲しいとその想いの辛酸。ただこのすべてあなたが見えない。私もあなたに知っている必要はない。君とかもしれないもう戻れないそれではかつての美しい。私はただ一つの夜は夜、君に送って私は淡い想いとの深い祝福。
夜は深く、あなたはもう寝ていましたが、私はなんと自分であなたに言いたい言葉は、一度も話してあげるから、そっと向きを変えて、心まで回復していないあなたと出会って静かに。私はどのように時を隔て、全ての想いを言葉で悲しくて?たびに、私をあなたのQQ動態あなたを知り、したくない私はあなたが知っている。知りたいのはあなたの過ぎたのは良いですか?知りたいのはあなたが楽しくて楽しくないですか?私は、これは……配慮だろう。しかし私は二度と資格がないと言え、二度とあなたに伴ってくらい資格がない。
今夜はいつ過去、無言の憂え悲しみはいつも朝に溶けて消えてゆく。しかし私は深くて、明日の夜に私は依然としてはこう。
向きを変えて、離れて、一歩一歩窓際に、ぼんやりと、瀋黙のを眺めているこの夜に………心の中のあなたと……。。自己不堅強,眼淚要流給誰看?最美的風景畫那是-自然人が生きているのはいったい何のためか?妳來過我記得就足夠了獨看落花碎青春無悔仏跳牆のやり方不眠拾割れ迷いの私私の生命が破れ雲で  


Posted by 草莓蛋糕 at 13:46がんう