2013年12月02日

と若いのね




美しい年月の中で、時々感嘆して、生きていてよかった!そこで、と若いのね!
失恋の若者が切ない失落探す禪師の時、禪師彼に聞いてどうして切ない、彼は惜しんで、ときに、禪師端若者に熱いお茶の時、若者に熱いお茶をすぐ手を放した、コップが落ちて割れてしまい、禪師のかと聞いてどうすることの時、若い人は迷いに頭を振って、禪師と自然に手を付ければ、痛……
出会いは偶然にめぐり会う通って、、、いつもお客。
もしあなたは満開、清風自。まるで空谷幽兰、カイドウが必要ない人の称賛、人だけで、十分に。ある日、私もカイドウのように黙って喜んで満開に静寂かぐわしい香り、たったひとりよがり、もう満足。
印染付磁器の上に咲いた秋海棠の花を、最も美しい姿、たとえを割ってしまって、も割れない若い靑春の美しい顔を殘して不完全美で、誰が彼女は美しい。
運命の中に時には誰が、運命の中にない時は強要し。これは、あなたのはあなたの、あなたのはあなたではない、いくら奪えない。握りほどきつくて、砂のように流れるように歩くと、手を広げて、かえって全世界を持っ。一粒沙里世界を見て、花に天国を見る、手のひら中盛無限、刹那は未来永劫。美しい自分を、より多くの機会を創造できる。会ったことができないのは求めた縁で、安然、来なくては淡々として、あなたが来るか来ないで、私はそこに、悲しみも喜びもない、離れないで見捨てない。
時間は多くのものを証明することができるが、きっと多くのものを見ることができる。うすくしました、あまり気にして、私が何かをしたとき、気分が平板清浄。望んでいたので、から希望していたので、がっかりしたのだから、絶望したために、今の私は期待して待ちたくないたくない愛情、缘生縁起、起因の縁が消えると、自然に任せるのは良くて、時にはもっと気にかけて、ものほどは得られないほど、持ったものが大事にしないとは、あなたが諦めるのものは他人に大切なもの。
この花紅柳緑だった世界は、図星をさすのは何人ですか?いくら痛みも手放したくないので、痛みはないからではなく、惜しんで、しかし、捨ててはじめて、そこで、それからせたくない紅塵世塵、頑張って自分がいい。
私は甘えん坊の時、私はやはりとても幼稚な時、私はやはりとても遊びの時に、私は非常に単純な時、私はまだ若いうちに、遊びと遊んでやって、さもなくば、ある年齢、甘え、幼稚で、単純に従って、ゆっくりと消えた若い軽はずみ、若い無知で消えていくが、その年齢まで、更にもないときは、少なくとも私はまだ若いしましたが、狂ったことがあって、消えたあれらの私を開いて靑春記念帳ゆっくり思い出、当時の感覚を取り戻して。更に振り返って時、会心の笑みを浮かべる、そして、今の私はむしろ単純な子供のように、一生。
まるで一瞬の間の間に成長して、一瞬の間の間に納得してたくさんのことを、一瞬の間の間に多くの事ですが、しかし、あなたは信じて受けて大人になりたくないの私は逃げたい気持ちですか。魂を乾燥したなら、どんなに優秀で、やはり魅力がない。若いうちに、やりたいのはいちいちを実現し、生きているうちに、世間を見るものを見るたびに、できるだけ浮世繁華.

花様年華、若い私たちはいい、少なくとも靑春、せめて夢も、少なくとも情愛、少なくとも頑張る時間、靑春の方向に向かって、勇敢に突き進んで、決してあきらめない!明日はもっと明日は依然として信じて、きっと赤い赤い太陽がのぼる……  


Posted by 草莓蛋糕 at 18:41がんう