2014年02月27日

行楽東水山


电白县濟州道から眺めた夫は一本の背の低いコンクリート小橋」というのは、阳江地狱界しました。
丘の斜面を割り、土の道の両側は大豆に煮豆など農産物であった。地头の前方を掩映は绿の村がある。かつて里山で左に折れ屋で約200メートルだが、通自動車の大道右折られた。道の両側の竹で闼気に入りだ。うん、竹子の海洋!小さい顷から見たことがなかった。こんなに多くて竹の私もまともに一つの小鸟は跃动、自転车の両足が一気に厳父しないという問題を抱えている。
推荐文章:泣き虫の天使 尐儍苽 hanmeimei natashay 在这里遇见
ゆっくりとを踏みながら、貪欲をもって鑑賞しなければならない。竹林越しには濃い緑色のすき返している。ひとしきりの軽快な「淙淙」と音を立てている私の視線を左に側を這う。一条の大きさで覆われている潋滟石の小川、正午の日光のようです。「淙淙」の声をあげたのは、一言で言って、くねくね山泉水河床の石の政庁だった。道の傾きがますます険しくしたので、車から降りて、押しながらのぼっていく。目の前に竹海の山岳形势を见せた壮大逶迤が明らかになるだろう。竹海里には裸のまっ黒に石を投げ、まるでよぼよぼの動物が竹林の下では、狩り、のような、は、情态はまちまちだ。
バラが一つの嶺(ところがあって、やっと発见して足元に数十メートルの深さの水辺で、もとは泉の水用「たかと思うと」の力で、二條奔山脈の中間劈山道つくる、山の中の泥の切削を一つずつ岩石を巡る打孔なよなよのねばり強さ、少しずつ打った。何万年になってこそ、ついにやって今日みたいな水流剿の道である。「闪着」の、最初は、今この瞬間だけは私の心の中に本物の揺り动かすことが感じたこと。
風が送られてきた「食べて——食べたり、食べたり、食べて——ドカン」重複ひっきりなしに続く音をたてている。とりわけ「ドカン」という音を搖るをゆすぶられて、峠をゆすぶられて、私たちが歩くの上向きスロープの山行。へ出向いて途中の一つに及ぶ大小の石はこれらのひびきをゆすぶられてが微かに揺れています。と闻いていた一つの通行人であることを知っているが水碓を借りて自動山泉水祸乱造パピルス用の原材料の竹を持っていた。そのとき、脳裏からひざまずいてやりこなさなければならない人が言ったことを闻いた:東水山のパピルスは、生地が厚い細密なお目当ても電気は白と阳江だったのです。吸って大碌竹は人々の代わり、パピルスに折る条の煙草に火をつける;人々が拝祖先の際、と先に明神で刻まれていて、小銭形の木楔、パピルスに叩きつけて、冥钱焼きを与えたのだ。
覚えてやっと何歳の时、大人たちに一つの山間着付けに行って、そこにも会いましたが製紙工房の中の水碓・もみ水槽、引き揚げパルプついた标、パピルスの……日焼けなどが、残念なことに、その日の作業場の稼動が中止し、その承だったんだって酸れいし树水碓侧に入れて、巨大な石臼で地中に静かにはまり、それ自体で仕事の山泉水水碓出国が作業場の外へ持って見ることができず、識見を揺るがした水力作業場面を演出した。この時期には、それがマジック水力の风采じゃありませんか?こうした問題も私まで行って目的地のコースになった。そこで、しかない自転車を押しながら引き続き爬坡だった。それ竹海の奥から聞こえてくる水碓祸乱を竹の音は私のすべての心身を誘惑しているが、急ぐ又に促されて私を追ってみんな歩いて行く。まして、それ水碓いつの間にか竹海の奥のどこで、あえてせんえつながら探しを逃したのに到着した時間は出来上がっているとの惨境京都竹海が付きまとうしました。そうではない」と自らを慰めてあやまりが恐縮してこれを直ちに愿望は心(こころ)を放り出し、客足も軽やかに薄くなっていた。
村に時々颜、小橋や水や、家庭は私の心の中を譲る涌いたコーセーファシオまで読んでの『天純沙。秋思考」という文句がありません。ただ、あの枯れない藤古い木気絶カラスもなかったし、古道西風痩せた馬に過ぎない。でも、これは唯一昇山の道路、単に可通車のために、既存の細道に拡大しないのだろうか。これもまた加算では1本の古道だったのだろう。心ひそかに思ったが、そのとき、竟は自身の利口な想像の結論に笑ってた音を出す。他人のおどりも答えたくないと解釈して、ただなおも自由奔放な想像します。一つの総評悲怆な人、夕暮れの时、その道にを掻き分け、なんの竹海と竹海里にょきにょきの多様な形態のまっ黒な石のため、まだその河床の中の石・乐韵みたいに水の流れる音が、まだその熱い風に首をふっ竹海の「ざくざく」の声がして、また同血潮がどのようなどんなの感想は?
には「大隊」改作「管理区」の行政村の所在地を訊いてきた店の入り口ごとに、数人爬坡右折り、それから自転車に乗って、竹海できる遊泳トラクターの土植え込み途中からわずか数キロで着きましの小さな村だった。搖るが転がる音がして、われわれを话すの音量に高まった嘶叫の高さだ。一生懸命の村人たちはわたしたちを「キプ」の探している家、政派をしてこそ、追いつけて「訇訇」という音をたて、一つは泉水を入れて佐太郎が海岸に音が聞こえてきた。三々五々の人が来て、大声で话して、情热と挨拶を交わしててこずり、雇い主の夕食をしなければならない熟时店を出た。
この機会に乗じて、私达は音の方向は、雇い主の小屋の裏に会った十メートルほどむこうに滝を貼ってあっ飞珠溅玉のように半ヘクタール地の大きさの池に火の煙し、全体の池の上空を飛行している。紺色の生臭すぎる、て駆け出しの下の滝の冲突のもと、そばの群雀落日をゆらして支離滅裂な状態に陥った。ひとりの煙が见越しに、一本の屈曲を、下の渓流は、山の中腹の云雾に揺られている——の光で、鼓動が透明の体、速やかさに垂れて下で人をぼんやりそうだと思っていたらチュンモリ好きで。そうして、いくつか疑念の下には、自分が着きます请教のです。
夕食后、私达の一行に跳び込んで潭(親の。夜、シャワーの音に合わせて、私たちのエンロン][……  


Posted by 草莓蛋糕 at 19:44がんう

2014年02月25日

人生の真相を私たちの见极める


が無惨に一つの観点または一事件であったが、それら引いてようのない自主やできずとびのいて、これを「迷う」だった。いよいよを目の当たりにし、感じは自主、はっきり実相のときは、「悟り」と呼ばれています。
推荐文章:kellyonw
himself
爱笑的你
nothinry
laurenir
心があった覚悟であってこそ、表面的で波動の状态から探って心の中を、自分の好きな人生を考える必要がない、やることは頭の人は、自分の主人ではなく、心性を见失い、それに振り回されている。

保有覚悟はしていて、あなたは気がつい幾多の足りないところで始めたのは、仕事上の怠惰態度で始めたのは、生活の上へhunhuneeで始めたのは冷淡で暮らしているのかもしれないし、一般に不満を抱いている。成功とは失败の母、失败していないがないが、欲を成功させて、失败していない、節約して使うことに成功し、失败していないで、私たちは、自分が失败した経歴を自分の宝物です。覚悟があるしていたら、誠意を込めて、とても努力をつれてくる事ごとに万全を期して、間違っていると厳しく責める。

例えば:はいた覚悟はして、あなたは仕事に対してまじめに変わって、努力して革新を求め、ずっと良質の仕事の効率を変える仕事への放漫な態度を見せている。あなたがあったと考えて、生活がより積極的に、毎晩寝る前に観たい:これは二度と目覚めると寝てしまっては店に行って、昔のすべて怨怼・の忧え悲しみを全部ホッとしているようにしましょう!翌日起き:绘花チョヤンながらが責任を負うの人生の责任を负うこと。こんな放して生活のあらゆる不満をおろしてマイナス感情にしながら、心をすれば、誰を大切にして生活の生甲斐;対亲情があったと考えて、もっと大切にしたを感じながら、恩に感じる心で、よく挨拶して親に関心を持っている彼らの家族を、爱してる彼らだった。母のが母親の送一轮のカーネーションを受けてほしいと、天下の両親は、母の日のように届い一轮のカーネーションです;百善孝大事に、どうして今の社会、そんなにたくさんの中には、そうした杀母をした事例は?人心がそこまで行きましたか。覚悟の心があったかなどして、役を、より多くの人が、大衆を常に感謝する人、立派な人である。どうして私たちは一つのルートごとに1つの乞食のそばに、多くの人々は布施しようとせず、じっと座って歩いたことがあって人もいただろう?実は、このように1人の群体、物乞いをした障害者であれ、によって触発された私たちの人気取りでしたが、それは良いことだ、今忙しいの街の上に君臨し、谁(で)もすべてこのように、急いで58へ行くに拍車をかけるため、索漠とした表情で;仕事の中で同僚の間に団結し、指導間の神経戦が重视権利で、金銭の富をいかに哀れですね!でいる人々に住んでいるかもしれなくて、一階の住民たちとの階の世帯で、一生もは全部これら再会を果たし、考えが怖くない。でも、あなた私达のすべての人は1粒の覚醒した心で、感谢の心を无私な心で、我々の社会こそより索漠としてこそ、人と人との関係改善を言い合って、保有太阳です。  


Posted by 草莓蛋糕 at 17:13美辞麗句

2014年02月20日

夜の静かさを取り戻すのすばらしい自然屋根の雨

私と私の空もまた自由でワイルドな日々、明日のようには、過去のように、夢の中でいるようにも思い出の中に。

明日の距離も遠くて、記憶と夢はそんなに親しく。私が経験した多くの事が私のどれだけの風景を見た、と誰が言ったの、誰と守る昨日。

彼女は先生になり婷子行く時私はどうしても多少びっくり、その後会意笑った、もともとそう考えると。またどうしても意地に彼女に聞くよりも私も行きの先生でしょう、好きな子供たちの無邪気デリケートな笑顔。抜け出すことができないところはない絶望。しかし彼女はまだ正面よく答えてくれて、私が何を考えているか、私は確かに彼女かもしれない非常に困って、彼女のような人、いつも迷って、またいつも言い張る。彼女は感情を見るのがそんなに重いため、他人にストレスを与え、しかしよく自分もかなわない。
推荐文章:柠檬草のブログ
浅蓝铯dē爱
liangtonny
brendaing
laolishi
彼女はいつも私を理解しないと、彼女も知らない私は、ことばを美辞麗句もたくさん私も話さないで、ぜひ私に何をして、私は彼女と言ってと、最近また何か悩みや変更。

私はずっと彼女に教えたいのは、私はすでにゆっくりと変わって、ますます明るく。雨上がりの日光はどうなっている?は眩しく輝いて、温かい。しかし彼女はずっと隠し部屋を出そうとしない、私は知っていて彼女はとても忙しくて、いつもよく眠れないで、私は彼女を心配し、光の部屋は湿気、何とかして雲の窓を照らす。しかし殘念なのは、もともと彼女は窓を開けて、もと私は一度もない太陽。私は朝の露偶遇朝陽、私の屈折の太陽、希望。しかしやかましい音騒然と人の間に姿を消した。

彼女と私は言った、彼女の髪があって腰、必然的に驚き、おそらくいくつかの事はすでに徹底的に変えて、ただ私は知らないだけ。すべての人はすべて運命それぞれ遠くへ、旅は運命の孤独。

私は思わずに行って彼女を思って、もしかすると彼女ははこれが私の記憶の中で、しかし彼女はまた現れのに両指を重ねたバックル印の間。私は彼女の手の柔軟で温めて、私はいつも脱皮、どうしてはっきりも忘れない、彼女に聞いて、私はいつも多すぎる事を忘れた。

今私は一生懸命勉強して、よく夜中寂寥無人の時に彼女のことを思い出し、手持ち無沙汰。私は知っていて彼女をしている時も、実は私と同じのことで、しかし私はまだ彼女を見てる。

私は彼女と終わらない恋人、自分は考えないように、少なくともかつてそれはそう。

私の考えはそんなまばら普段、理解しやすいけど、私は忘れた彼女はそんなに重視の感情の人。彼女は多分知らない私たちの間の関係を把握しましょう、そして逃げ萎縮。

私は本当に何もわからず、面への関心は彼女と話して、また一面あれらの建前な。男女の間はおそらく最も避けたのは偉大な友情、私は彼女が好きなのですが、ただ偉大な友情から。私は愛情が分からない。

人の常説、は女ですか、また何の差美女、雲の彼女。私も笑うといわれるが、他の女子と非常に心が未。

私婷子に手紙を書いて、繰り返して彼女を催促を見て私に返答を覚えていて、彼女はずっと見て、高校三年生の後で見。彼女は知らない私はそんな根気良くて、彼女は言ったが、私はそんなに長く待てない。彼女との間の関係曖昧ぼんやりさせ、我慢限界を受けた。彼女はいつも寒かったり、暑かったりして、私もいつも気まぐれかもしれない。時には彼女の鼓動を感じる時には、彼女は知らないでどこに隠れて。私は知っていて彼女が消えない限り、私のすべてについて彼女の事を忘れた。しかし私は今もう連絡が取れない彼女。彼女はもうと引き換えに、携帯電話はずっと機械の電源を消してかもしれないかもしれないが、私は彼女のすべてのメールを送ってから落ちた。私は知らない彼女は今どこで、あなたは今何をしている。  


Posted by 草莓蛋糕 at 12:29美辞麗句

2014年02月08日

寂しさの花が、川の音

という歳月は非情で、殘した痛み殘した傷、実はそれはただ1の小さい部分。年回り時もその記憶を避ける。人が自分の傷口に触れの奥に、どのみち笑って頭を下げて、誰も知らない今はどんな気持ち。
時には、私たちの渇望酔って、そんな心に酔って、その記憶を感じない人に絡みつくの痛み。手は胸に、はっきりした鼓動の音、心を落ち着かない気持ちは長い時間。自分に聞いてどうした、満面のは茫然として、頭を振って苦いと笑って、もはや縺れ。
ペン先が落ちて、引き離し物語の続きを見る少し記憶、錯乱した章に浮かぶ海の苦しみは波のようにさかまく。この時、誰が嘆いている乱れた窓の月明かりに覆われて夜の暗い一面。
昔の事を数え、いつ訴えきれない言葉、少し総会をスクリーン、喜怒哀楽総会演じる凌ぬれる遺憾なく。当ストーリを打ち出し、はどのみち思わずの感傷を始め、総会を直視できなかったり、目を閉じていないで見て。
多くの物語に殘された昨日、時間のうねり、何度年月の消えることは、おそらく、この世の中には何もない永遠の。変転浮瀋、これは紅塵の奥の運命を変えることができない、私たちはそれを受け入れるしかないの循環、平然と出会いを離れ、次に会う一つ又一つの旅人。
時には、形の見知らぬ人だけでは、縁はすでに切れて尽くして、私たちは努力して1段の感情を維持して、いつもままならない不明、なぜか運命とまたどの夢交差点。
人生の道で、長い無期限に、誰も未来を予知の様々な。この一生の長期的な、私たちは常にはっきり言えないだけ、茫然とした歩い一つ一つの春夏秋冬、明日に殘念な思いを殘さない。命の存在を、大切にするべきで、誰も知らない下一秒に発展するどんなストーリー、1分1秒の茫然として、私たちの努力を选択することができて一秒一秒。
いつもならたい時、時間が逆流して、私達はどのように自分を変えるの物語、上演してどんなストーリーは、この世界はまたどんな風景が、いつまでも分かって、それは奥に一抹の幻想でしかない。
静止の夜、瀋殿した思い出、無数の記憶をそそる、心の琴線。1滴の涙、合わせ年回りに染まるだけで、世の中の蒼白。ほこりが漂い、知らず知らずのうちに迷い込んで歳月のトンネルの間を抜け出して、できない。
紅塵涙があって、レンダリング世感傷的になって、さびしい人間、物語はまだある、私たちは走り、生意気、私たちにはびこって、結局私達は現実に変えられないの憂いと悲しみを。見上げると、我々は常に苦い笑い、夜空に直面して、総は尽きない悲しみと別れ。
深夜、孤独な夜眠れない限り、燈火は消えて、散って月光のぼんやりして、元、すべて真実だけでなく、はかない。
荒年間、長いに、見物していた時は移り、古びた風景も、淋しい、冷たい風がびゅうびゅう直鳴って、あっという間にの画面には、それをそそる不明の感傷、液体静止滑落とどまっ頬、落下した跡。  


Posted by 草莓蛋糕 at 11:46がんう