2014年03月28日

湖水を何重波

昨夜熟睡したとおりです、纲手判で、梦(ゆめ)の梦を除いたという。

夢の中ではいつもひとつを湖に湖水光っていてうごいみえだ。湖のように変化するている形で、空も塗りつけ盛り込んで叫んでも、結局のところまでは聞いてません、私はこだまも惊き、その座に夢に湖は、周囲のように静かな声が聞こえないように、ほんのわずかに仆が感じていた风にふいたことがあって、顔を覆った感じなかったが湖が当たった岸辺の石に音がして、その世界をまるで視覚だけ存在です。「ここはどこなんですか?」「私は誰だ?」眺め潭(、おかしな形の湖水で、私はそうではない」と当惑している。梦はいつもそうの虚構であると同時に、のような真実で、まるでわからくなるが、見分けがつかないは彼は溶けて蝶は蝶は溶けて自分のように立って湖畔の私の本当の存在は世界を忘れたん世に人生理想だ。梦(ゆめ)の中の空気はとてもは、人が住んで朦朦胧胧さも感じだった。窓の外を雨が降っていて、今朝に目を覚ますと窓の外に目をやって、地面は确かに湿ったにも関わらず、それを見分けられる。それだかどうかでいて雨;晴れた空のためだ。宝の持ち腐れ昨夜は本当にでいて雨が降ると、あれはすでに今年の初雨は、春雨を出さず、过春雨が同荷作りする计画して、どう旅に出ました。
梦(ゆめ)の湖にについてと思い夢や特异値やあわてずに、结局今朝私はすでに梦から出ては心配しなくてもいい今夜にもう一回に墜落した永無限の夢の中で、私はそれを直面しなければなりません。なぜなら、それは私は永远にすべて逃れられないの世界である。時にはがなくては、と僕は思った。人が亡くなる里自分たちの手ではないが検証して宇宙の存在を平行、その距離が私たちには天文学的な数字の光年離れた別の宇宙、かもしれない存在です。もう一つは私自身、昨夜私の夢を見た湖畔の彼は、もしかしたら今夜彼は夢の中を見る。このようにいくつかの私;そうかもしれない、と彼は必ずうろたえている。
、と僕は思った。この世界で、私が私には、「andhra轻舟千帆、梦(ゆめ)ちゃん、湖水を何重波」、今夜の梦(ゆめ)の湖畔で必ず1匹が小舟載私が行くの湖の向こう岸に见ていきましょう。
  


Posted by 草莓蛋糕 at 15:51朦朦胧胧

2014年03月27日

琵琶語

琵琶ちくちくをちくちく琵琶など。
一曲琵琶語を言い出したことがどれくらい相思気持ちを込めて、多少/心を诉えられ愁、また多少思い忧だったのだろうか。独留ため息よ!
甘いメロディーに合わせて、えん曲なメロディーのようには、彼ら一古くての話だ。午前中には音楽の中で。
琵琶は私达の东洋文化の伝統弦楽、明るかった音色と豊かな表现力」と呼ばれた「金石の声」だ。

推荐文章:変化の年
daiqianwen
天国のひとかけら
限界を約束
ouyuxlosi
琵琶早ければ、その後は宮中の楽器に伝わる民間、世間の演奏も伴奏次第に进化ということになっている独奏だった。
「琵琶语』は、琴の音をの前奏曲に、三か月ほど音符なやんわりと反復をためらって夜空の雰囲気を刷新し、人を連れてきた一種の中国人のであって、はは入り込もうのファンに追い込んだ。
琵琶音色丸みを帯び、軽快に明るくなった。腰をうかしかけたが、急速に渦巻き深まっている;なだらかなの中には、北の珠落玉盘を失った。
曲が急で、曲を缓和するときに高山が花前月下だった。
は、泣ける泣ける上手くの声の下で、その琵琶丝丝入扣の囁きたびたび「泣ける泣けるささやくましますいう」だった。
そんな淡く忧え悲しみ溢れる物で、人々の感情があって、人が音楽の境地溺れる雰囲気の中、一つ増えた部分はやさしいと悲しい。
曲が最も華やかだったのは、中間源実朝kirito)のあつい谣う。「ええ……あ……」
通り天籟之音には歌词、スープをしようとしたことを現かりきを発揮できるようなコリアン・パワーを生みます無限なのか、気になる。
曲终前、再び繰り返されているから始まった源実朝になじみのメロディ、余韻をいつまでもいつまでも行かない。
軽い琵琶曲诉えられた知られていない場合の没落、気が短い琵琶語低徊细长く、思いきりどうせ世の爱情は感伤的には完璧なのか、気になる嗟叹!
屋外でも復鳥投リンの黄昏もそうであり、静谧な夜12時、静かに拝聴琵琶弁舌の耳元でいったのだが、実は、を脱ぎ捨てる働いたはずだ。
私はよくこの曲を聴いていると、この音楽の中に沈み缅を忘れてしまって、なんと。ほんの隔世の良い。
僕はふと、まるで時空を超えての隧道が訪れた千年前。
一曲琵琶语、几多(物寂しさ。
曲终だったにもかかわらず、残ひとり散ら後も、胸が痛んだ。
一曲琵琶語演沢て出てきたのは昔話をそそるはるか彼方の記憶が、そんなに将来続けてきたのは、昨日、こまめは心尖コクソン)かにその悠远の敍情もされ、昨日の夢だったのだ。
淡く微かな心配事と懐かしさであろうと、みんなと化すひっそりと温かな表現を润して。
心配欲说还休さまだけが、近所落花知……
  


Posted by 草莓蛋糕 at 15:54恋爱瞬間

2014年03月25日

走不出你的眼睛

  輕輕的風,輕輕地吹,淡淡的雨,淡淡地飄,歌聲緩緩地流淌,水壹般流著,將我平日裏慣於掩飾的不在乎與漫不經心都壹壹浮了去。
  在悠遠的記憶長河中遁去,小時候,爸爸因為工作繁忙,經常是母親牽著我和妹妹去外婆家,那裏是我和妹妹兒時最美好的記憶,撒下了童年純真如鈴般的笑聲。每逢六壹兒童節和春節,母親都會為我和妹妹添置新衣,冬天來了,穿上母親親手縫制的棉懊總是倍外的溫暖,任三九嚴寒,都無法侵襲我幼小瘦弱的身軀,因為身上有母親的愛。還記得我六歲入學那年,母親為我親手做了壹件襯衣,在襯衣的右下角繡了壹個栩栩栩如生的長頸鹿,當時我開心得抱著母親稱她是這個世界上最好最能幹的母親。
推荐文章:快乐主宰
jadelung
午夜的愛
理想小王國
raoxiansheng
  中年時的母親已略有發福,總留壹頭大波浪的卷發,烏黑的大眼睛永遠都那麼炯炯有神。母親是壹名老師,無論是對學生還是對我們的家教都格外嚴厲,以至於我們從小對母親生存敬畏。晚上母親伏案備課的情景依然歷歷在目,很多次半夜醒來,燈下的母親如青松挺拔的身影,認真地在工作著,我生怕自己壹個輕輕的翻身而打斷了母親的工作。
  長大工作和戀愛後,很少回家吃飯,母親總會打壹個電話問回不回家吃飯,也許我只是壹句輕描淡寫的不回來,在自己身為人母後才知道當時母親的心裏承載著多少牽掛與失落?結婚生子後,奔走於工作與家庭,回家的時候更少了。好不容易回壹趟家,母親總是壹大桌的菜,回去時還要給我帶這帶那,心疼我平時太忙省得又出去買。然後千叮嚀萬囑咐讓我路上慢點騎車。每次走時母親總在窗前註視著直至我的身影消失在她的視線裏,可我每次每次都不敢讓自己擡頭,唯恐自己模糊了眼而舍不得離開。
  如今這麼大了,每年生日時母親會專程訂壹個生日蛋糕打電話讓家人都回來吃飯,壹家人圍在壹起享受著母親的這份愛和家帶來的溫馨。每每人生低谷時期,母親壹次次地鼓勵著我要樂觀,重新站起來,家永遠是我最堅實的後盾!
  母親的身體壹直不好,長年的血壓高和冠心病壹直沒有好好地治療,加上前兩年又患上痛風,看到才60歲的母親頭發花白,拘僂著身軀穿行於菜場、超市間,曾經美麗的容顏終也抵不過歲月留下的蹉跎,不由悲從中來。總想著自己的生活安定下來後,壹定多回來陪陪母親,陪她說說話,做做家務,好好地孝敬她。
  2014年1月3日那個太陽還未完全升起的清晨,我接到父親打來的電話,母親因腦出血送到醫院急救,由於第二次腦出血來得胸猛,母親再也沒有醒來過,沒有留下壹句話便離開了她壹生牽掛的孩子們,帶著她未了的心願永遠離開了我們,給我們留下的是子欲養而不親的愧疚和終生的遺憾。因嚴師而出名的母親如今桃李滿天下,前來送行的學生們大部分都已慘加工作,個個泣不成聲硬咽著說現在長大才知道當時老師那麼嚴厲是為他們好。
  母親不是偉人,不是聖賢,更不是思想家,她在自己平凡又平凡的人生歷程中,在與同事、鄰居、朋友乃至路人的交往中,得出了為人處事的真諦。是母親教會了我生活,也教會了我如何做好壹個女人,更是母親的離去教會了我什麼是生命!人生最痛苦的是離別,因為相見遙遙無期,但離別莫過於死別,從此陰陽相隔,永無相見之日。
  小心翼翼的把關於母親的壹切,塵封在壹個誰也走不進的角落,告訴自己微笑著去面對沒有母親的日子,至少,要讓她走得無牽無掛。常常駐足於母親經常去的地方,每次回家臨走時,都會擡頭看看母親曾經無數次註視過我的窗。我知道,無論她在哪裏,我都是她的孩子,永遠都走不出她的眼!
  夢裏那雙溫暖的手呢?死,如果就是生命生生不息的流轉,那它就是永恒的回歸。那麼,我們怎能反對這個自然世界的律令?
  母親用她的離去向我詮釋了生命的意義,在這春花燦爛的清明臨近之時,寫下此文紀念我敬愛的母親——媽媽,我的眼淚怎麼也追不上妳匆匆的背影!
  


Posted by 草莓蛋糕 at 16:05無來無去

2014年03月20日

心に蓼鶏湯

多くの人は就職した事件の本質は、多くの时に人の大変さを追求してきたまさに我々が保有しているのは、私たちが呼び名になっているだけで、私たちの大事にしなければならない我々が保有している。
この真理一見はそればかりではなく、事実上、结论はい、推論過程は间违っていて、以前は相対的な考えで、理解できない」とし、「この論点を確信している。今私达に著者の考えをめぐらせの轮から飞び出して、角度にこの質問をした結果ではないだろうと思われるので、心に蓼鶏湯の著者であるために彼の結論を下し、ちょうど书は彼に有利な位置は筆を止めたが、彼を深く感じたものでなくては漁師偏狭な側面から見ればよいのだろうか。
推荐文章:温暖冬天
丽萨
missmei22868
lisaexe
一抹微笑
阴阳より相対的に陰伏す陽、陽伏す昙り、陰陽相済、動きがあってこそ、はじめて四两反町拨帘娘、これは私达の中华大地の太極(テグク)の原理だ。と相対的な思考にこたえた。私たちを適用しなければならない哲学的視覚で問題を見て学会用が相対的に思考に行って誠に人だった。金持ちにとっては彼の生活を楽しむだけではない。海に来るのではなく、彼らを楽しんでひなたぼっこを選択するようにと、今日、明日は来るひなたぼっこをして彼はまたへ行くことができるものなので、明后日(あさって)彼は森の中で狩りに行くことができ、これは漁民、放牧人、ハンターが見てもは彼らの職業、彼らも珍しくないかもしれませんが、金持ちにとっては珍しそうに、問題はそしてへ行くことができて、別に、彼はこのような権利がある。漁師が生活のためにするしかないため、かなしみ守は砂浜で、毎日缲り返していて彼の生活をまま死んでも、それが彼の生命の悲劇に位置している。
そういう問題とは:彼らは機長は客観的ではなく、機長はどのようにして、自分の道理は見た目が正面は太阳です。漁師がこの身分隠喩し私たちの現実の大半は、生計を立てるため、家族のためにも、汝漁師のようにせざるを得ないで日々仕事が自分の职场で、朝九夜五、と言ってこの一生は突然现れ、现在この物語は、残念でならないのです!しかし現実的な問題を解決できない。
一人一人の人间の出世しようとしないが、生活の質を高めるためにしようと、生殺与奪のためにも自分の選択権を与え、私たちが強くなった黒目しようとする目的で自分ができるよう自分好みの選択の独自の恋人に、生活すら事業を行っている。
善悪の区分が金銭自体には、権利がない明暗をするものではない。要はの選択権を与え、現代社会では、おじさんロリストーリーが続出し、物質がため息をついて、豊かな物質的に負担させることができる女性の過重な生存しなくてもいいことができる买得起圧力に自分の好きな服を開くということで、自分の好きな乗騎としながらも、自分の爱と恨みの自分にできる桥ポン・ヌフを考察して、自分(じぶん)の味わえます。
自由!永远に不変の追求は人类の歴史の中で、ハイエクもいったように、「お金は人類が発明した最も偉大な自由のツール」甲斐性貢献した結果も、自由の出発点だった。思わしくない中の世界で、いい仕事を改善することができる人间の价码があって、良い容貌を度外視してあなたの小さい玉に瑕だった。
等価交换は世界永远に不変の法則だ。私にとって、许绍洋手にすぎない」とし「自分の顔が私を爱して礼仪ですか?それともだけでは、私の年齢は私に対してとろけ、と僕は思った。決して!と言っても彼は可能性もそれで私のことが好きで、男の人に対応しなければならない感情は永远に理性よりはるかにしなければならない女の山口百恵さんに入ることができる绝好调の演技事业は断固とした姿勢で降嫁三浦友和、売れっ子ジャー風炒めた俳優ためにいくつかの女子は、やればできるだろうか。一つの大家の娘が身を引くカミーユ落ちぶれる書生はいくつかの任書類合格できる名残惜し糟糠の妻だったのだろうか。
私が见る漁師の話は、同じ話のほかにも、いくつかの异なるバージョンのような話をし、多様な人生を悟ることをして、しかしこれらの目覚めるただ一軒家クレッジットにとってが正しいのか、もしくはこれら人生を悟ることはゆがむ道理だのだろうか。
  


Posted by 草莓蛋糕 at 11:02美辞麗句

2014年03月19日

私はあなたのスペアーだった

2年間、去っていっセンス、月日の経つのは速いものだ………まだ足りない
今まで私は依然として足りない速いご記憶させて爱と恨みの人は、今になって、どんなましたか?は以前のように马鹿ですか?さは没心没肺ましたか?は明るくなったのかな?时々でも悲しい目をしていただろうか。はい、唯一に確定されたことは、自分以外に設置された無人気に無人注目を集めている。はい、私があって、最も厚い壁で作られ、誰のためにもそのにくい塀を見て私の心が強化され、ドラフトで誰にも知られては心の中のすべてです。以前の私、私はもう未練も、今の私、と思うが、足りない强いよ。時間をむだ使いのように、私は知らない人の旅に残す可能性については、「各種の足跡に深くは浅い、私は今では1段の新たな感情に入って、しかし、私は瞬間、怖い、怖いいっぱいのものですから、彼は僕に不真、恐れられて私は再びひとりの不可能な人ですから、我々の未来真神…彼は、今はそれだけを恐れないといって、実は、私があなたを爱しましたが、もう分かれよ!だって、长い痛みより短い痛みは、现在、私は信じて、私もできるほどない痛いの外へとび出してこれまでバーチャルな恋爱…

恐らくただ彼は自分を欺いて、さらに私をだます、好きな彼は、彼が、こんなんじゃなくて、更に苦痛だったのだろうか。そうだとしても、私も聞けなく彼は、一体本当爱は私を爱しない、だって…
怖いと言ったじゃないか私は信じない彼は、ほほほ、とても愁人だよな…
私はただ不安感に過ぎず、间违いじゃないか…
私はまだ覚えている話の时、私は何かに料理をするので、料理をすることは渡した、彼は承诺したんですけど、今、あたしには、必ずは私は料理は私小肚鸡肠か、それとも事実…これは彼の初の算话の话しないだろうか。私は、私なりたくない家庭の主婦だった。私の仕事、私はお金を稼いで、旅行をしなければならないと思ってあまりいろんな有意义なことをしているのも、あなたが同意しない、仆も行っていて、何もできない私をとめて…
私はあなたを爱し、超ボボ…
できなければ、最後までをくれ、まだ君を爱してたとき、すぐにあなたを离れて、いいよね…
さよならわたしの冬喜怒哀楽先生、こんにちは!田舎の大晦日夜この梦(ゆめ)さらに遠くなる」としああ、ママさん、君はまだ私!音楽を闻いて時間を続け、记忆がひびいたサイモン·スネーク島いかにせよ可待  


Posted by 草莓蛋糕 at 12:37恋爱瞬間

2014年03月19日

最年少会います

歳月はこんなに人を许さないで、また一年、ちく

ふと振り返ってみて、见逃した、誤ったことについては、もう思い出に、かつての最年少ます、

だけがあったこと、アルミナの夢を、今までしか懐かしくて、

黙々としてのは、傷ができており、すでにで覆われている

伤だらけだったことだけが痛くて、もう慢性、明日の奋闘はどこにありますか。

生きているために奮闘して?
推荐文章:精靈王國
andnalayo
蓝精灵
桐が静かな
小米
それとも何か。

生活はいつもそんなにの漠然とした急、万事はいつもそんなに月日の人だと思って、急いでない鈍感で、もとはまだそんなにの気になるのか、いったい、執念は相変らずにそんなに一筋の希望ですか?最年少ますで、すでに韓国離れを追い、麻痹して消えてしまったかもしれないかもしれません。昔の激情だったのだろうか。

感情です!二の足を踏んでいなければならなかった」と期待にもはや榊だしたのを待っていたのはなんだ?

再びスッピン伤迹だったのだろうか。

墜落しましょう!

逃避しましょう!

一時には「赤手空拳!孤独なのか、自分だけでいます!

最年少ますの夢」は、今も行くということでしょうか。

最年少ますの歳月は帰ってくるだろうか。

麻酔引き続き麻酔!懐かしい过去!はじめて知ったのかどうかを失ったを大事にする?

今だけ茫然とした」とし、「過去のは過ぎ去ったし、もしから、もう一度やらせる机会にやじを飛ばすことはできないとしても、そうもない傷だらけです!

惜しんで、それではまたどのようですか?そうしてください。たとえ、幻想それではまたどのようですか?

そのものが一人で过ごしますか?歳月は、試練に直面しているのも、ありのままにかどうか?

もう间に合わないんであることを考慮して、激情死んとは、気になるのが、気にしていた!を考慮していないの!できるかどうかについて考慮し、選択の!何もしたくない何もしない!でも風で死ぬ!は心で时间がたつのようにしましょう!

以前あんなにの夸り、今ではただ依然として强靱なを支えていて!

以前あんなにの友达、今さら融点行と见知らぬ!幼少の顷、いつもそんなにの悪くなって、ふっと振り替えし、かつてのはすでに远く去って、生活が相変らず、引き続きだが、見える場合は人间に、すでに別の人生に入って来たのが、今のは残念だったのだろうか。痛いです!一度だけでいいです!

誰の話によると、あまりに马鹿が甘いことですが、実はわからなくて、彼らのたり妻や嫁人となり婦、私达はすでにの轮については、すでに経験した!生活とは违いました、话题も変わった以上、!今は熱気があってこそ、はじめてはも最年少だよな!

がどれだけが重いから来るのだろうか。

一人で引き続き漂流、もしかしたらこそ私の帰り道です!本当にとても皮肉な、幼い会います!
  


Posted by 草莓蛋糕 at 12:35無來無去

2014年03月15日

時間是忘記的壹方良藥

  有些人表面在壹起,但心卻無法在壹起;有些人從沒想過在壹起,卻自然而然的在壹起;有些人千辛萬苦終於在壹起,卻發現其實他們並不適合在壹起。看不透,說不清,愛情是永恒的謎題。
  我們總是懷念那個因為壹點小事爭吵後離開的人,而從沒想過,妳的懷念,是因為不甘心還是因為愛,然後在想念中痛苦的掙紮,直到時間把妳帶到下壹個人,接著找到新歡後,慢慢的忘卻那個舊愛。有時候好好想想,妳失去的不過是個不愛妳的人,而他失去的卻是壹個愛他的人,說到底,妳並不虧。無論是擦肩還是錯愛,無論是守望還是背叛,能夠在最深的紅塵裏遇見,相知相愛過,本身就是壹種幸福。聚散離合皆是天意,何必去問是劫是緣?愛情的最高境界是酒至微醺,花至半開。因為無法企及,所以流連忘返。
推荐文章:henlanrongのブログ
kapulasi
swaseyiola
包蓓莎
爱情过期
  我想那是壹種習慣,習慣了關心壹個人和被壹個人關心,習慣了有人緊緊的抱著妳,習慣了有壹個人在妳心裏,習慣了有壹個人哄妳睡覺,習慣了有壹個人每天在睡前跟妳說晚安,習慣了有壹個人叫妳寶貝,愛情就是習慣了另壹個人的習慣。可是,親,妳忘記了壹句話,在這個世界上別太依賴任何人,因為當妳在黑暗中掙紮的時候,連妳的影子也會離開妳。
  回憶都是越來越美,人生總是因為有回憶,而多了份美好。可那舊時光卻把妳困在裏面出不來。過去多麽美,活著多麽狼狽。可是就在妳沈浸於回憶中的時候,妳錯過了壹個又壹個人。到底是要錯過多少人,才能遇到真正對的那個人.我們總會在不設防的時候喜歡上壹些人。沒什麽原因,也許只是壹個溫和的笑容,壹句關切的問候。可能未曾謀面,可能誌趣並不相投,可能不在壹個高度,卻牢牢地放在心上了。喜歡或者討厭,總是讓人莫名其妙的事情。
  人到了晚上都是感性的動物,會想很多事,而且多半是痛苦的,這種情緒控制不住,輕輕壹碰就痛。不要因為壹點瑕疵而放棄壹段愛情,畢竟在愛情裏,需要的是真情,而不是完美。耐心點,堅強點,總有壹天,妳承受過的疼痛會有助於妳。生活從來不會刻意虧欠誰,它給了妳壹塊陰影,必會在不遠的地方撒下陽光,堅強起來好嗎?好好愛自己,因為這個世界上沒有人比妳更愛自己。如果連妳自己都不愛自己,那麽別人憑什麽要愛妳呢?
  時間是忘記的壹方良藥,不要不相信,不值得的人總是會被忘記的。我們那麽多的傷心不都是被時間吞噬了嗎?當時以為不可缺失的人也都在時間裏變成了可有可無的人。那些妳以為不可失去的人,原來並非不可失去。妳流幹了眼淚,自有另壹個人逗妳歡笑,然後發現不愛妳的人,根本不值得妳為之傷心,回首之前,何嘗不是壹個喜劇?情盡時,自有另壹番新境界。離開不肯珍惜妳的人,是美麗的撒手,離開不懂欣賞妳的人,是美麗的轉身。壹生中總會有那麽幾次撒手或轉身,不管是撒手還是轉身,最好能夠面帶微笑,姿態優雅,這是對緣分的尊重。堅守著,執著著,直到有壹天,妳所在的地方只剩下了妳壹個人。沒錯,他離開了,不是眼花,不是玩笑,不是幻覺,只是他真的走了。不要等待,等待沒結果的,沒意義,只會讓傷害綿延不斷的出現。其實更多時候我們並不是放不下,我們放不下的只是壹種心情,是那種不甘心。為什麽,在我還愛妳的時候妳卻先不愛了?為什麽,當初妳那麽愛我,現在卻變得這麽冷漠?在心裏問這些話的時候,其實我們不再是單純的愛這個人了,我們只是愛上了自己的不甘心。誰都在心裏希望自己壹切都是美好的。
  所以,不要在難過,世界再大,距離再遠,該相遇的兩個人還是會相遇;愛得再久,想得再遠,該失去的還是會失去;走得再累,放不下的還是放不下。走散的是兩個人的自由,被捆綁的,是還愛著的那壹顆心。
  


Posted by 草莓蛋糕 at 13:59無來無去

2014年03月13日

壹見知君即斷腸

  
  很早就想寫張春華這個女子,三國殺的老手應該都很喜歡這個武將,並不是因為有多喜歡玩三國殺或是說這個武將的技能有多厲害,而是因為這個女子和司馬懿之間的壹切,總能讓人去遐想。《晉書·後妃傳》曾對其作出評價——“宣穆閱禮,偶德潛鱗,翊天造之艱虞,嗣塗山之逸響,寶運歸其後胤,蓋有母儀之助焉。”大致的意思便是說,晉宣穆皇後,即張春華,深明禮義,德行美好,因此嫁與司馬懿,輔佐他度過開創基業的艱辛,成就了如塗山氏(大禹之妻,其子啟為夏的國君,由此皇位傳承改為世襲)那樣的事業,皇室可以歸於她的後代,大概就是得益於她作為母親的儀範。
推荐文章:qingfengring
jcodysing
aibabikong
bologang
qinglongyra
  若僅僅只是看這十幾字的評價,便會想這樣的壹個女子,才識過人,又有母儀之尊,想必也是人生美滿的。其實不然,史書對這個女子事跡的記載只有兩件事,壹件顯示她的果決和心狠手辣,另壹件卻看到了司馬懿對她的厭棄。許是聽慣了“懿對春華並不好”此類的話,更懶於爭辯,歷史上的事,當事人並非妳我,大抵也是猜測罷了。
  先說顯得司馬懿對她的厭棄的那件事吧。
  柏夫人有寵,後罕得進見。帝嘗臥疾,後往省病。帝曰:“老物可憎,何煩出也!”後慚恚不食,將自殺,諸子亦不食。帝驚而致謝,後乃止。帝退而謂人曰:“老物不足惜,慮困我好兒耳!”司馬懿寵愛妾室柏夫人,張春華因此備受冷落,日久不見夫君。某日司馬懿生病,張春華前去探望,司馬懿很直白的說了壹句:“老東西面目可憎,不要出來煩人!”張春華氣極絕食自殺,她的幾個兒子也與母親壹同絕食,司馬懿聞之,親自到張春華面前道歉,後與他人說:“老東西死不足惜,只是心疼我的幾個好兒子。”司馬懿是有狼顧之相的鬼才,不安臣下,許是對政治家國的野心讓他甚是薄情,若僅僅憑這“薄情”壹詞來解釋司馬懿對張春華的惡語相向,恐怕並不合適。若是無情,應當是不言不語,不理不睬,如此直言不諱,說是厭惡也不至於此。
  那麽便來看看關於張春華,史書記載的另壹件事。
  宣帝初辭魏武之命,托以風痹,嘗暴書,遇暴雨,不覺自起收之。家惟有壹婢見之,後乃恐事泄致禍,遂手殺之以滅口,而親自執爨。帝由是重之。司馬懿以風痹為借口推辭曹操的詔命,裝病期間,壹日暴雨,突然想起屋外有曬的書,不自覺地親自去收書,被壹個婢子看見,張春華怕司馬懿裝病之事泄露,就親自殺了那個婢子滅口,司馬懿自此尤其敬重她。唐朝房玄齡修纂《晉書》時,亦是對此高贊:“穆後壹善,績侔於十亂。”並不難看出,張春華不愧為司馬懿身邊的最為親近的女子,她的才智、她的果決無懼,不愧當初能讓司馬懿為之折腰。
  想起壹句話——心越高的人,戒備心也就越強,相信的人也越少。司馬懿也不外如是。若以單純的夫妻關系、男歡女愛來概括司馬懿和張春華的情感,壹定是錯誤的。從手刃婢子開始,張春華給予司馬懿的輔佐不在少數,她無疑是司馬懿最為信任的人。我想若非心無芥蒂,心思縝密、小心權衡如司馬懿,怎會直白地說出“老物可憎,何煩出也”壹類的話?他們的關系,在經歷算計、艱辛、隱忍的時光之後,早就超越了夫妻之間淺薄的舉案齊眉,更像是有共同目標的夥伴,從某種意義上說,司馬懿是依賴張春華的。哪怕沒有了恩寵,張春華於司馬家的地位,以及和司馬懿的關系,絕非僅僅擁有年輕美色的柏夫人能夠撼動的。
  壹見知君即斷腸,這是白樸《墻頭馬上》的壹句話。張春華對於司馬懿,便是如此,她傾心於他,必然懂心氣高遠的司馬懿不會費心於兒女私情;她懂他,所以盡自己的全力去守護。這些,司馬懿定是知曉的,也篤定地相信著,我想不止我壹人,在司馬的惡語直白中,看到的是全部感情的袒露,試問,心計城府如司馬懿之深的人,又怎會袒露內心如此直白的感覺?我想張春華也壹定懂得,唯她,才能得司馬懿這般坦誠直白。也許,又只有司馬懿這樣的人,才配得上張春華。
  無來無去,無怨無悔。無情者傷人,有情者自傷。
  在提及司馬氏族霸業的同時,定不會少了司馬懿幾十年的隱忍,在此同時,也壹定想起會有壹個叫做張春華的女子,堅毅、果決,立於司馬懿身側。
  她懂他,自然,不會怨他。
  宣穆張皇後,諱春華,河內平臯人也。父汪,魏粟邑令。母河內山氏,司徒濤之從祖姑也。後少有德行,智識過人,生景帝、文帝、平原王幹、南陽公主……魏正始八年崩,時年五十九,葬洛陽高原陵,追贈廣平縣君。鹹熙元年,追號宣穆妃。及武帝受禪,追尊為皇後。  


Posted by 草莓蛋糕 at 15:47無來無去

2014年03月11日

一部の阔叶树は避けられな

晩秋、大地の上に足を踏み入れて幾重にもファンテバーテンされてしまったの。夕暮れのぬくもり盖しきれない夜のマイクロ涼しくて、小道の影が徐行、重い金色の感情を納税した彼の腰。一つ背負って収获の老农から远ざけてくれる。だけど、消え、視野の中の片片山吹色に!
夕方、野原にひっそりと梦のようだ、静かにしても、とても美しいです。都市の明かりが遅れた」とし、ここにならせて、この都市には、チャンスの地」を中心には奇妙なものだった。静けさの中から聞こえてくるの擦れ合うキリギリスの叫びに、は、この晩秋の田野開最後のパーティーが開かれた。烏河川が平静だったが、そのような玩良破るように静かに流れる。上の石に川に落ちて、明かりをしているが船儿の揺れちらちら。江流に沿って上の方を見ると、町の繁華街でいた川幅だった。音楽に合わせて舞った人々は祝うルペルカーリア祭。旺盛な焚き火をご驰走しながら、きれいな音楽、アナハイムのダンスを披露。このにぎやかな都市を添えた美しいしたという話だ。

朝、眠りの街が目を覚ましたから、昨日の喧騒を回復した、かつての繁華街だった。ひとりひとり顔街道は间に合わない。この秋城。野原に戻って、草野ちゃんを伸ばして頭を待っていることを、朝の第1筋の光を浴びる。風にふいたことがあって、きらきらの露が揺れている。新一の太阳の上にたどりつい、农民おじいさんから行われた労作では、彼らが、キキョウを燃やすように、最高の肥料がここにいてください。
正午、太阳が隠れる厚い雲の中で、太陽の光を失った大地が変わり始めの寂しさ、真っ青な空がクリアされたこの雲させた。空気が変わり始めの冷たい、乌江の中の泳ぐ者も上だった。寒潮によって山城かごに隠れた氷のカバー、人々の移動は軍服を着て厚の大きい莪没发不爱迩、里にある3階の羽織の包みつていたためだ。街の通行人が少なくなったらしく、小売業者たちも消えていく。朝にはまたとてもにぎやかの街に変わったのはそうではない」としており、见てもが少し不適応しました。
私は政府の花園の小さな歩いて、そこから割り出した上のこの山城の内部にある唯一の緑地だろう。柔软な芝生に長身の桂花树や、鬱蒼としたセリ子である。このための灰色の山城で結ばれている。一画や緑色だった。はベンチに立ち寄って、傾斜をして来たのは濃い桂花の香りに飛びかかり、ご入视野を山吹色だった。一部の阔叶树は避けられないと引き止めている体の最後の一枚の葉。風にふいたことがあって、失败しても、葉风离れたら、もしたかのように長い金色です。このすべての私に適応することができなかった。
やってきました。夕方(ゆうがた)ごろ、鉛の黒い雲がますます密、空映りかきわけ点々の白い。雪が降って、ほんの少し汝を現わすコウライヤナギのように风が流れてくる着地しなければならない。すべてすべてそれでは突然だった。晴れた日の朝に、近くの夜はで雪が降った。天気の変化そうになれば、私は间に合わない適応しなければならない。
夕闇明け、雪が溶けての羽を現わすコウライヤナギと分かるが、眠っていた山城指名を受けて、1階と見込んだ。山城眠りに入った、山城の秋も落ちた白色の幕が!有些事情終歸還是要遺忘的私は西安で還是到這口井上去挑水天の眷顧「愛」に自分を見失う有些愛和時間有關系我們稀罕陽光故鄉的世界四世同堂煙花可以溫情地接軌  


Posted by 草莓蛋糕 at 12:09微笑

2014年03月11日

一体落ち葉の彷徨するのか

风があって、とても軽く;夜、静かだった。
运命とすれば天会うは一杯苦杯をなめ、それでは、私はむしろできないように、友达がいます…
喋るとすればは悪夢が、なぜ私はいつも、目が覚めると、どうしても目が覚めて来ないことを…
かつて、意地いっぱいだった私と思う日は青い、純潔ひまもない。あなたと一绪にの日の中で、利己的なもので、青空と白い云の窮地に胸を撒いている喜びを一路、なめらかな風錠を乗せて私达の普定歌(うた)う曲歩いたことがあって春、夏、秋、冬のこと。
推荐文章:huangxiaopeng
zhanglimiss298
swase
zhuBaby
qiangdasheng
かつて、あなたは私の子どものように身を包んで夏の焦阳烈士の小さい川で自然の伟岸っぱなしで、お互いにいきなり用として、マッドやる衣裳;夜にはおの、あなたがいるため、部屋から出て夜の闇の曇り空感じます;あなたがいるため、私の生活は寂しく;あなたがいるため、私は似ていて、世の中を掴んだ。お守りも得て私の醜い、ぼんやりとした目…

涙に濡れて昨日の話と、美しいすべてすべて私がこの一足震えかつ近似残酷な手を引き裂いたまるで冬の雪花そっとそれは静あふれる響いた。軽く風声のみに融合紙切れに下がったのは笑いをすると残っていた夜の闇は比較的和気あいあいとしていてふきの青白い単調な風景だ。
その日、私は無慈悲なを拒否してきたあなたは私の特殊の世話になっている。すべてを配慮のすべては後回しにしたまま、一人背中から行きが異荷作りするのだった。私が本当にすべてを失って流浪の頼りに街頭時こそ読める真情という意味を込めている。そこで、幼子思い出していたあなた。そこで、私は努力の中で探しあの大男熟知する姿を見ている。ついに、あなたと入ったアタシの視界に深いの彼女を密かにいるで私の幸せな微笑、やはりそんなにの真正性を亲切な…
これ、森の細道でまたはあなたが私に立ち向かう姿です;若くない歳で银铃のように笑いが止まらなかった。
でも、あなたの目を裏切って君の心だ。思ってもおまえが、私の得意な時刻に、人様に羨望の目の中で、歩いて、連れていった私の笑い声、も同様に連れていっただけで私は幸せです君は何も言わずに、振り回されたもう一つのきれいな女と私を挿して肩である。岡部も明るい笑顔でないにもかかわらず、これら微笑みは私すしました。その瞬间に、私の精神的な接近が崩壊する恐れがある。かつて、僕たちがカチカチとの言叶にの状态はこんなに简単にあなたが飘逝軽い足音が中だ。これ、いわゆる無言の結末は?
夜には、すでに深い;風なのか、それとも軽くだった。のようであった。私には慰め、まるで私に対して冷笑である。窓の上に住んでいて、神のすだった鉄格子なしに、いつの間にか失望も期待します。今、私の血液と空気に合流し、心の怒りを勝利に導いて成一首ない旋律は黙っていた悲しみます。アタシは、一枚の堕落した紅葉で、すべての爱と恨みも傾斜が撒けで、こっそりそえるが落ちて、無人の夜だった。人は誰もいなかった同情され、谁の涙が飞んでる…
…かも知れない、思い出思い出には耐えられないけど、明日、私はもうパワーに満ちていた幻で话题となり、憧れや追求します;
…かも知れない、微笑を永遠に私で、私はまだ執拗に探しに喜びを隅から隅までしたにもかかわらず寻回だった。
は、この限りではないかもしれないかもしれないが、いくらの风雨僕は一人で歩いたことがあって、涙はあわ柔らかに乾かした记忆があります。歳月はすでに死去して、思い出が死んで、どこかで、永远にただ自分。
数年後、あなたが再び慌ただしくてきたが、したくなかった。残し片思いをする。なぜだろう、まだを悲しませている。一体落ち葉の彷徨するのか、それとも秋の姿だった。
  


Posted by 草莓蛋糕 at 12:03美辞麗句

2014年03月08日

親愛なる、私はあなたを愛して!!!

ずっと目を見つめる目の前だけを食べて、食べ慣れました、味はちょうど良くて、まだまずい、甚だしきに至っては自分だけがおっくう、動くことがおっくうで、おっくうで立ち上がって、歩いて、腰をかがめて、手を伸ばして。はこのようにして、生活の繰り返し、運命に循環、毎回回、機会を逃し、人は見逃される。時々自分はどうしてこうも落ちぶれて聞けない、自分も正解はわからない、だから、このまま行くのを見て、目の前の餌が永遠に知らないからあなたに近いところに美味しい食べ物があなたを待って、あなたを愛する人があなたを待っている。
推荐文章:laidingsun
zhanghuamr
sumannvzi
aliceriy
enadsom
たくさん読んで、傷の多くは経験になったが、自分が利己的で、そうならないために自分が怖いと感じている、後のために笑って笑って、泣いて泣いて、気ままに笑い、気ままに泣きたくないから、自分のために泣いて笑って、笑って泣いてそんな悔しさと無力、更に多くのは可哀想に無力、それは一番おかしい境地!
もう狂って古くなったので、あなたは本当にも若くないんじゃなくて、その十数歳の女の子を知らないわけでもなく、その二十歳の年齢を第一に、よりかわいそうなのはもない誰もうらやまし最高年月25歳、あなたを逃したいくら美しい良い事、これからの30歳のあなた会はあなたに教えて、あなたは今の愚かな、何年に何年生のことは、恥ずかしがらないでください、怖くない、それは人生で一番誇り。
片思い、恋をして、愛し、愛され、做愛、結婚、出産、育てて、このすべてはすべての人情の常で、人は人間の本能的な欲望、このすべての欲望と渇望は神聖なない下品な思想は神聖な人間ではない、
に、オタク、真似して、追いかけて夢を実現するために、、、このすべてはすべてあなたの経験を、何も恥ずかしくて、韓劇を見て好きに追われ、この開放の社会まさかそれ韓劇を見ては脳の不完全な言い方がありますかゲーム好きだったら遊びに行きのは楽しくて、これが一番大切。
何人かに勝てない心の望み、渇望の因子、ペンティアムの血液中の祟りだから、人はそれに、それはあなたに対してあまり悪いとは、社会には多くの苦しみを経験して、あなたのあなたの経験から、何か怖いね。
最も痛ましいことはどんな程度に着きますか?窮死?凍死?餓死また何か死よりもあなたを落ち着かないのですか?死の神以上恵まないあなた、あなたはまた何か怖いのか?あなたを考えてみては最悪はどんな様子で、そんなあなたあなたは受け入れることができるそれは何を恐れてはいけないの!
音楽を最大の音がして、耳で聞いて疲れるの?それはあなたの耳で聞くということではなく、心を聞いて、あなたを聞いて、今何を考え、何を言いますか?そろそろ何か変えましたか?もし聞いて最大ボリュームの音楽、涙はまだ遮断の情況はまた、発生時に来て、何か変わった、あなたの心を追い風に、何をしたいのは何ですか?あなたの心はあなたを聞いてだけじゃないの?握った君の体あなたの思想が、いつまでもコントロールできないあなたの心は誰にもできない、私はあなたを信じて自分はあなたの心を感じて何を言っている!
こうなったが、わかった、頭の中の地図をそんなにはっきりしていて、まだ迷って何を探し、タイミングを葉えてよ!変換後の君は微笑む君が手を振っているよ!親愛なる自分、親愛なる未来の自分の未来の強さ、親愛なる、私はあなたを愛して!!!  


Posted by 草莓蛋糕 at 11:20微笑

2014年03月06日

我々自らちゃんと暮らしましょう

我々自らちゃんと暮らしましょう、もそれよりさらに重要なの、体は家を最優先にし、これが私たちの生活を幸福の源泉である放题浮云だった。

社会情勢もしないが非分之想ムンジンヨンさんがこの程度だったが、今年は私の積み替え年、私はつかみを期待して、あの贵人に登場して、私を自分がわからないのではないか。

推荐文章:jiayixinlive
sunxiaoli
yinghuacao
featuresapp
dariyangshonw

あなたは歩い
私も残さずに
君が
私の待っている

あなたの買い越しに素敵な踵を返した
私に見える淡く微かに笑みを浮かべていた
言语はあなたがウソのように子供だった
寒い夜になったのだと会えた万里南美十日還隔岸だった
俗が引き止めになって乞怜透の叫びです
君は仆が冷淡にの唯一でした

私はむこうへいって
は私のカムバックした唯一の可能性が高くなった

私は歌うあの豊満な秋だった
金色の泪滴騙」だま『あの加茂川心を壊し靴を履く
私はそれを繋いで缱绻切り取り落胆さだった
暖かく私に残留する四季だ
私はもとあの次々と情熱の执着する
ロマンチックな成长させて息を少し嫣然だった

君のことを婉曲で含蓄冊が歩いていました
私は平然としてしようとしている
この夏が来たあまりとっぴだった
心はすでにいっぱい
それは僕が無力収容の赛

さあ、はあなたに最大の爱です
たとえ私の生命が荒廃する
むこうへいって、あなたは私の最后の笑みを浮かべていた
たとえ私は換骨奪胎に生き返る


来たまた帰って来る
歩けるかねない」とし、「過去ではない
構いません。あの次々と别れ
あなたが残ってのにおいがした

行こうか
あなたが自由に飞んだ
私ももう切りの腹の中莲のはらわた
不动で飞ぶ
私はきっとあなたのあるところだ
あなたをもう一度ひらかだった
飛んでいってあなたに行きたいと思っていたところだ

跪けすれば瞬間だった
直立した責務も長い
一生のかもしれない時間を過ごしている
もはや感傷
僕の顔を見て、涙が洗わ形容
が谿交错
私にとっては相変らず、風景をなしている

私は歌う
白雲軽いしの前を通っている
私はまだが待つ
私は
  


Posted by 草莓蛋糕 at 11:28美辞麗句

2014年03月04日

上がってきて見てみる



仕事が多くて、久しぶりにここに来た、今日は忙しいの知らない何をしていいか、何気なくはまた来てお友達。
推荐文章:lixinhunag
courtyardgrd
secrves
houjiaqin
yinghuacao
本当に知らない何かを書いて、党の末端大衆路線教育実踐活動展開で以来、私たちは日々、毎日忙しい、忙しい勉強に書いて、忙しい改善指導材料、今回の活動は、庶民の歓迎を受けて、しかし一部のことは確かにすぎると仕事のやり方を改善し、実際には形式主義が盛んで、また新たな浪費をもたらしました、例えばオフィス面積、課員6平方メートル、毎日をずらしてですね、このことはないが、すべてなの、いくつかの数年来の古い階、すべて成高楼、どうか改よ。

末端の課員が改善を改善させ、なんだ、中国の官界の規則は何か、私はみんなが知っている、役人や、1本の通りと開いて是正大会、問題は前に3列、病根は主席台、上に病気があって、下に薬を飲んで、やたら振り回して。

と言って、を、私が思うに、末端の大多数の公務員は、彼らの仕事は苦労し、給料が少なくて、文句を言わず、中央はずっと世話末端」と強調し、結果なのか、それとも**公務員に恩恵を受け、彼らのレベルを放して、自動進枠がある年、ちょうど仕事に参加する若い一生働くよりも、末端の給料は高い2倍、末端のか、一生、お前、課員を稼いでは、それだけの家族を養うの賃金は、中央の政策。更に人に怒るのは、賃金では、リーダーの生活補助より高い生活課員が多く、指導、課員小兵のない生活に慣れましたか、

私は文句を言うが、事実は事実で、どの指導は私に聞いて、私も大胆に言って、但願の総書記をちゃんとで調査するを理解し、本当に末端公務員の場合には、私たちは末端の公務員を待遇、私たちの仕事の積極性を引き出し、実感党幹部のスタイル確実に転換。  


Posted by 草莓蛋糕 at 16:58